(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2016年12月24日土曜日

【Linux CentOS 7(1511)】LinuxソフトウェアRAIDアレイの要素として使うディスクにパーティションを作成した

LinuxソフトウェアRAIDで使用するディスクの準備を行った。

ターゲットのディスクは、/dev/sdbとする。
このディスクに、ソフトウェアRAIDアレイの構成要素として使うパーティションを作成した。

追加するディスクは予め、エイジングも兼ねて不良ブロックのテストを行うとベターではないかと思う。
http://akira-arets.blogspot.jp/2018/04/linux-checking-hdd-writefailure.html



■partedを起動した。

# parted /dev/sdb
GNU Parted 3.1
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
■パーティションテーブルを作成した。

下記のように、パーティションテーブルの種類は選べるようになっている。
ここでは、「msdos」MBR形式を選択した。
ただし、2TBを超えるディスクの場合は、代わりに「gpt」を選択した方がよい。

(parted) mktable                                                      
新しいディスクラベル?                                                
aix    amiga  bsd    dvh    gpt    loop   mac    msdos  pc98   sun 
新しいディスクラベル? msdos          

■パーティションを作成した。

(parted) p                                                              
モデル: ATA TOSHIBA DT01ACA1 (scsi)
ディスク /dev/sdb: 1000GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: msdos
ディスクフラグ:
番号  開始  終了  サイズ  タイプ  ファイルシステム  フラグ

下記のように、パーティション構成情報を入力した。
ファイルシステムは何も入力せずにエンターのみ入力した。
開始と終了では、大雑把な値と単位(GB)をつけて入力した。
単位がなければ、アライメントの自動調整がされずエラーが発生した。

(parted) mkpart                                                        
パーティションの種類?  primary/プライマリ/extended/拡張? primary
ファイルシステムの種類?  [ext2]?                                    
開始? 0GB                                                              
終了? 999GB                                                            
(parted) p                                                            
番号  開始    終了   サイズ  タイプ   ファイルシステム  フラグ
 1    1049kB  999GB  999GB   primary

■作成したパーティションにフラグを付加した。

パーティションにraidフラグをつけなければ、カーネルにRAIDアレイ要素として認識されないらしい。
そのため、下記ではパーティションにraidフラグを作成している。
(ところで、パーティションを作成せずディスクを丸ごとRAIDアレイ要素として用いた時、このようなフラグをつけなかったが、再起動後もRAIDアレイは正常に動作していた。)

ヘルプを参照した。
(parted) help set                                                      
  set NUMBER フラグ 状態        ファイルシステムのフラグと状態を設定する
        NUMBER は Linux カーネルによってパーティション番号として使われます。MS-DOS ディスクラベルでは、基本パーティション番号は 1 から 4 までで、論理パーティションは 5 以降となります。
        フラグは次のうちから選びます: boot, root, swap, hidden, raid, lvm, lba, hp-service, palo, prep, msftres, bios_grub, atvrecv, diag, legacy_boot
        状態は on か off のどちらか

上記の値をつかって、パーティション1(作成したもの)に、フラグと状態を設定した。

(parted) set 1 raid on
(parted) p
番号  開始    終了   サイズ  タイプ   ファイルシステム  フラグ
 1    1049kB  999GB  999GB   primary                    raid

新品価格
¥15,272から
(2018/3/19 23:23時点)

<参考>
・Quick guide to software RAID1 with mdadm
< http://blog.hugochinchilla.net/2014/03/quick-guide-to-software-raid1-with-mdadm/ > 2016年12月22日

・Using parted to create a RAID primary partition
< https://plone.lucidsolutions.co.nz/linux/io/using-parted-to-create-a-raid-primary-partition > 2016年12月22日

・How should a RAID partition be created and configured using parted?
< http://askubuntu.com/questions/200801/how-should-a-raid-partition-be-created-and-configured-using-parted > 2016年12月22日