(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2013年8月8日木曜日

【Windows 7 pro SP1 64bit版】 Internet Explorer 10 を安全にアンインストールする

Windows 7 pro SP1 64bit版で、Internet Explorer 10がインストールされている場合に、
Internet Explorer 10をアンインストールするための方法


Internet Explorer 10 の更新プログラムをインストールする前にアンインストールすると、
後のInternet Explorer 9 や、Internet Explorer 8で、色々と問題が生じるようになるらしい。

ファイルのダウンロードが正常に行えない
インターネット オプションの [インターネット一時ファイル] の設定が変更できない
ActiveX コントロールのインストールができない
 (†1)

しかし、更新されたInternet Explorer 10ならば、そのような問題を生じさせることなく、
安全にアンインストールが可能になるということだと思う。

また、 アンインストール後に、Internet Explorer 10 が再びWindows Updateによって、
インストールされないように設定を行った。

したがって、次の手続きを踏まなければいけない。
ただ、Updateに関してすっきりとわからないことがあった。



□Internet Explorer 10がWindows Updateで再びインストールされないように設定を行った

次のページの方法で行った。
【Windows7 pro 64bit版】 InternetExplorer10が自動的にインストールされないようにする



□Internet Explorer 10 に更新プログラムを適用した

1、Windows Updateで、Internet Explorer 10の更新プログラムをインストールした。

アンインストール時に当の問題を引き起こす不具合を解消する更新プログラムは、
次に示す以降のものになるらしい。(†1)
2838727 [MS13-047] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2013 年 6 月 11 日)

以降のものってどういうことだろう。
以降のものならいずれでも良いということなのだろうか。

しかし、Windows Updateの履歴を確認しても、
Internet Explorer 10 がWindowsUpdateで7月19日に自動的にインストールされて以来、
Internet Explorer 10に関する更新プログラムがひとつもインストールされていないようだ。

つまりこれは、2013年6月11日以降に自動アップデートで提供される Internet Explorer 10は、
当該の問題も解消されたものが提供されていると考えてよいのだろうか。



2、Windows Updateで更新処理後に、Internet Explorer 10 を起動した。(重要)
(これによって、更新プログラムがはじめて適用されるらしい。)



□以上の手続きを踏んだ上で、アンインストールを行った

「コントロールパネル」

「プログラム」

「プログラムと機能」

「インストールされた更新プログラム」の表示


一覧から、インストール日を頼りに(リストを並べ替える)、Internet Explorer 10 を探して、
項目をクリックで選択後に、「アンインストール」ボタンを押す。

処理の後、再起動を要求されるので、再起動した。



□再起動の後

Internet Explorerを起動してみると、バージョンは、8 になっていた。
Internet Explorer 10にアップデートする前のバージョンに戻るということなのだろう。

戻ったInternet Explorer 8では、ファイルをダウンロードすることができた。



以上


<参考>

(脚注1)
Internet Explorer 10 をアンインストールすると Internet Explorer 8 や 9 でダウンロードができない
< http://support.microsoft.com/kb/2864931/ja > 2013年8月8日