(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2012年1月29日日曜日

【YAMAHA RTXシリーズ】専用コマンドを使いファームウェアをルータに直接ダウンロードしアップデートする手順【RTX1200】

YAMAHAルーター、RTX1200のファームウェアアップデート手順

現行のファームウェアと、それに伴う設定ファイルのバックアップを行い、その後、ファームウェアのアップデートを行った。
アップデートされたファームウェアが原因で正常動作しなかった場合に、容易に復旧させられるようにするためである。

また、ここではtftpコマンドではなく、ルータの専用コマンドを使って直接RTX1200にファームウェアをダウンロードしアップデートしている。
これによって手順が簡単になるし、またダウンロード時の信頼性も高められると思う。


<手順>
1、telnetで、RTX1200にアクセスしてから管理者になる
> administrator

2、現在のファームウェアのリビジョン番号を確認する
# SHOW exec LIST
No.   Revision
----- --------------------------------
* 0   Rev.10.01.29
----- --------------------------------

3、アップデートに備えて、念のため現在のファームウェアのバックアップをとっておく
# copy exec 0 1
コピー中... EXEC0 終了
# show exec list
No.   Revision
----- --------------------------------
* 0   Rev.10.01.29
  1   Rev.10.01.29
----- --------------------------------

4、現在のファームウェアに伴う設定ファイルの情報を表示させる
# show config list
No.   Date       Time     Size    Sects   Comment
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
* 0   2011/12/27 15:08:01    9477 126/126
  0.1 2011/11/29 09:49:36    9367 124/124
  0.2 2011/11/29 07:06:45    9375 125/125
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------

5、現在のファームウェアに伴う設定ファイルのバックアップをとっておく
# copy config 0 4
# show config list
No.   Date       Time     Size    Sects   Comment
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
* 0   2011/12/27 15:08:01    9477 126/126
  0.1 2011/11/29 09:49:36    9367 124/124
  0.2 2011/11/29 07:06:45    9375 125/125
  4   2012/01/29 06:00:25    9477 123/123
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------

6、httpをつかってファームウェアをダウンロードできるように設定する
# http revision-up permit ?
    入力形式: http revision-up permit スイッチ
               スイッチ = 'on' or 'off'
     説明: HTTPリビジョンアップを許可するか否かを設定します
デフォルト値: on
# http revision-up permit on

7、httpをつかってファームウェアをダウンロードし、アップデート処理を行う
 (自動的に再起動されるので注意)
# http revision-up go ?
    入力形式: http revision-up go [no-confirm [prompt]]
               no-confirm = リビジョンアップの確認を行いません
               prompt = コマンド実行後すぐにプロンプトを表示させます
     説明: HTTPを使用してリビジョンチェックとリビジョンアップを行います
# http revision-up go
新しいリビジョンのファームウェアが存在します
現在のリビジョン: Rev.10.01.29
新しいリビジョン: Rev.10.01.38
更新しますか? (Y/N)
ダウンロード中...: 100% ( 4512812/ 4512812bytes)
リビジョンアップ中...
リビジョンアップ中...終了
Restarting ...

ホストとの接続が切断されました。

8、ルーターの再起動後に、再びtelnetでアクセスし、アップデート後のリビジョンを確認しておく
# show exec list
No.   Revision
----- --------------------------------
* 0   Rev.10.01.38
  1   Rev.10.01.29
----- --------------------------------



◎RTX1100と、RTX1500についても、次のように同様の方法でリビジョンアップが可能だった。

# copy exec 0 1
コピー中... EXEC0 終了
# show exec list
No.   Revision
----- --------------------------------
* 0   Rev.8.03.88
  1   Rev.8.03.88
----- --------------------------------
# http revision-up go
新しいリビジョンのファームウェアが存在します
現在のリビジョン: Rev.8.03.88
新しいリビジョン: Rev.8.03.92
更新しますか? (Y/N)Y
ダウンロード中...: 100% ( 2869332/ 2869332bytes)
リビジョンアップ中...終了
Restarting ...

新品価格
¥74,413から
(2018/3/19 23:33時点)
新品価格
¥48,945から
(2018/3/19 23:35時点)