(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2013年10月30日水曜日

【Linux CentOS6.4 minimal 64bit】 IPv6を無効にする方法について

CentOS 6.4 minimal 64bit において、IPv6を無効にする方法について

ネットで調べてみると、さまざまに方法が挙げられていた。

公式見解のようなものを求めていたので、とりあえず、wiki.centos.orgの「 Questions about CentOS 6 」(†1)を試した。
ただし、この方法で発生する問題もあるようだ。(†2)

また、再起動すると、設定は元に戻ってしまう。


□まず、IPv6を無効にする前の状態を確認した
# ip address
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 16436 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:fa:dc:5f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 172.*.*.*/27 brd 172.24.248.31 scope global eth0
    inet6 fe80:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever


■次のようにコマンドを二つ入力した
# sysctl -w net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1

# sysctl -w net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1


□結果の確認

inet6の表示が消えたことが確認できた。
# ip address
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 16436 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:fa:dc:5f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 172.*.*.*/27 brd 172.24.248.31 scope global eth0
以上



<参考>
(1) Questions about CentOS 6  ( 5. How do I disable IPv6? )
< http://wiki.centos.org/FAQ/CentOS6#head-d47139912868bcb9d754441ecb6a8a10d41781df > 2013年10月30日

(2) 【メモ】CentOS6でIPv6を無効化するには
< http://pocketstudio.jp/log3/2013/04/18/howto_disable_ipv6_on_centos/ > 2013年10月30日

(3) Howto disable IPv6 on Centos 6.4 or Redhat 6.4 RHEL
< http://ithelpblog.com/os/linux/redhat/centos-redhat/howto-disable-ipv6-on-centos-6-4-or-redhat-6-4-rhel/ > 2013年10月30日