(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2012年8月16日木曜日

【Linux CentOS 6.3】LibreOfficeを日本語化する

CentOS 6をデスクトップとしてインストールすればGNOMEと共にオフィスソフトウェアであるLibreOfficeも導入されるが、
そのGUIインターフェイスはデフォルトでは英語表記になっている。

オフィススイートLibreOfficeを日本語化するためには、追加でパッケージを導入すればよい。
導入後、設定不要で日本語化された。


日本語化パッケージはyumで導入できた。

[root@Desktop ~]# yum install libreoffice-langpack-ja

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package                    Arch      Version                  Repository  Size
================================================================================
Installing:
 libreoffice-langpack-ja    x86_64    1:3.4.5.2-16.1.el6_3     updates     17 M
Installing for dependencies:
 autocorr-ja                noarch    1:3.4.5.2-16.1.el6_3     updates     89 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       2 Package(s)

Total download size: 17 M
Installed size: 36 M
Is this ok [y/N]:y

Installed:
  libreoffice-langpack-ja.x86_64 1:3.4.5.2-16.1.el6_3

Dependency Installed:
  autocorr-ja.noarch 1:3.4.5.2-16.1.el6_3

Complete!