(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2015年7月4日土曜日

【Thunderbird 31.7.0 64bit】アドオンなしで、アカウントのリスト表示順を変更する方法について【Linux CentOS 6.6 64bit】

メールソフトThunderbirdにおいて、
デフォルトで左ペインに表示されている「ユーザーアカウント情報の並び順」を変更する方法について。

ただし、以下の方法ではアドオンなど追加ソフトの導入は行わないで設定を行っている。



<目標>
Thunderbirdでは、管理するメールユーザーを追加したとき、
新規ユーザーに関する情報(受信トレイなど)が、最下位に表示される。
この表示位置を変更する。


<方法>
Thunderbirdの設定情報を書き換えることで実現する。


<手順>

1、次のようにして、専用設定エディタを開く

Thunderbirdのメインウインドウ右上にある 」のような形のアイコンをクリックして、
表示されたメニューの「設定」項目にマウスカーソルを重ね、
さらに表示されるメニューから「設定」をセレクトする。

開いたウインドウ上部の「詳細」ボタンをクリック、さらにその「一般」タブを開き、
下方にある「設定エディタ」ボタンをクリックする。

「動作保証対象外になります!」と警告されるので、確認後に、
チェックボックスにチェックマークを付けた後に、「細心の注意を払って使用する」をクリックする。



2、対象のアカウントの番号を確認する

表示された検索ボックスに次の文字列を入力すると、
下部に設定済みアカウントのEmailアドレスとアカウント番号の組が表示される。
mail.identity.id*.useremail
対応する左の設定名列に表示される文字列から、idにつづく番号を確認する。
この番号がアカウント番号なので覚えておく。

例として、mail.identity.id15.useremail ならば、「15」がアカウント番号である。



3、アカウントの並びに関係する設定項目を検索して、その値を確認する

検索ボックスに次の文字列を入力すると、下部にその設定項目が表示されるので、
ダブルクリックする。
mail.accountmanager.accounts
値を書き換えるためのウインドウが開く。
文字列を選択して”コピー”をとり、適当なエディタに貼り付けて(4、)のように編集する。

(ところで、mail.accountmanager.defaultaccount設定項目に設定されたアカウントは、
常にトップに表示されるらしい。†1)



4、アカウントの並び順を定義する値を再構成し、再設定する。

値を貼り付けたエディタにて、次のように表示されている場合、
account1,account2,account3,account4,account5,account6,account7,account8,account9,account10,account11,account12,account13,account14,account15,account16

例としてアカウント番号「15」の表示を上から二つ目に変更するには、次のように構成する。
account1,account15,account2,account3,account4,account5,account6,account7,account8,account9,account10,account11,account12,account13,account14,account16

再構成した文字列のコピーをとったあと、手順3に返ってペーストする。
(ウインドウに表示されている旧設定情報文字列を上書きし再設定する。)



5、Thunderbirdを再起動する。


アカウント情報が意図した順番で表示されるようになった。




(参考)
†1 Thunderbird/Change account order
< https://sidvind.com/wiki/Thunderbird/Change_account_order > 2015年7月4日