(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2015年7月20日月曜日

【CentOS 7 LiveCD 1503】Windowsディスク(NTFS)をマウントし、ddコマンドからファイルの入出力を行う手順

更新 2016年12月18日(ntfsフォーマットツール)

CentOS 7 LiveCDで起動したLinux環境において、
Windowsディスク(NTFS)に保存されたディスクイメージファイルを、指定したデバイスに、
ddコマンドを使って書き込む手順


【CentOS 7 LiveCD環境の準備】

■必要なファイルをダウンロードし、
 LiveCDをUSBメモリーに書き込み、そこからLinuxCDを起動した


○必要なファイルをダウンロードした

<CenOS 7 LiveCDのisoファイル>
 CentOS-7-x86_64-LiveCD-1503.iso

<unetbootin-windowsの実行ファイル>
下記サイトから、Windows用のプログラムをダウンロードした。
 http://osdn.jp/projects/sfnet_unetbootin/
 unetbootin-windows-608.exe
 
○Windows環境にて、ダウンロードしたunetbootin-windows-608.exeを起動した。

開いたウインドウで「ディストリビューション」でなく、「ディスクイメージ」を選択し、
ダウンロード済みCentOS 7 LiveCDのISOファイルを指定し、書き込みを開始した。


○その後、書き込み済みのUSBメモリーでPCを起動した。
CentOS 7 LiveCDが立ち上がった。
さらに、LANケーブルを接続しインターネットに接続できる状態にした。



【CentOS 7 LiveCD環境立ち上げ後】

■WindowsのファイルシステムであるNTFSを読み書きできるように準備した

上記CentOS 7 LiveCDでは、デフォルトではNTFSを読み書きできない。
まず、次のようにして必要なパッケージをインストールした。

$ su
# yum install epel-release

1、(ntfsフォーマットツールも含める場合)
# yum install ntfsprogs

2、(ntfsマウントだけできれば良い場合)
# yum install ntfs-3g

次に、Windowsのハードディスク(NTFS)をマウントしてアクセスできるようにした。
ディスクのデバイス名は、fdisk -l で確認できる。間違ったパーティションを選択しないように注意する。
(例)/dev/sdaとして認識されたWindowsディスクのパーティションXを/mntにマウントする。

# mount -t ntfs /dev/sdaX /mnt



■マウントできたWindowsディスクにあるファイルを、指定したデバイスに書き込んだ

上記でマウント済みのWindowsファイルシステムにチェンジディレクトリ
# cd /mnt

ddコマンドで、同ディレクトリ内のdisk.imgを、指定したデバイスに書き込み
(書き込み先のデバイスの指定には十分に注意すること!データが破壊される!)
# dd if=disk.img of=/dev/sdX


進捗状況を確認するには、次のようにする。
まず、別のターミナルウインドウを開いて、次のようにコマンドを実行する。

# su

動作中ddのプロセス番号を検索
# ps -A | grep dd

次のコマンドで検索したプロセス番号を指定
# kill -SIGUSR1 プロセス番号

すると、ddが動作しているターミナルで、進捗状況が一回表示される。
さらに確認したい時には同様にすればいい。 

以上