(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2013年7月24日水曜日

【MS VisualStudio 2010 Pro】 VS 2010 Pro から CentOS6.4 64bit版で動作している「MYSQL 5.1.69」 に接続できるようにする 【Windows 7 Pro 64bit】

VS 2010 Pro の、「サーバーエクスプローラー」にある「データ接続」を使って、
別マシンで動作しているMYSQLサーバーに接続し、テーブルの作成作業などをしたい。

ところが、標準では VS 2010 Pro はMYSQLサーバーに接続することができないようだ。

MYSQLサーバーに接続できるようにするには、”専用のツール”をインストールするだけだった。



1、Visual Studio 2010 Proに対応した”専用ツール”のダウンロード

次のリンクから、6.3系の.NET Connectorをダウンロードする。
( mysql-connector-net-6.3.9.msiというファイルがダウンロードできた。)

http://dev.mysql.com/downloads/connector/net/6.3.html#downloads

(注意)
mysql-connector-net-6.7.4.msi という6.7系のものではダメだった
6.7系では、Visual Studio用の統合はないらしい。 (†1)
6.6系では、Visual Studio 2012のサポートがあるらしい。 (†2)


2、ダウンロードしたツールのインストール

ボタンが三つ表示されインストールタイプが選べたので、すべてをインストールするタイプを選んだ。



3、VS 2010 Pro を起動し、MySQLサーバに接続をする設定を行った

サーバーエクスプローラーを開き「データ接続」項目で、右クリックし、
接続の追加(A)を選択する。

開いたウインドウで、「データソース」欄の右にある変更(C)ボタンをクリックする。

データソースの変更ウインドウ内のデータソース一覧に、”MySQL Database”が加わっているので、
選択して、OKボタンを押す。

接続の追加ウインドウには、
Server name 、User Name 、Password が入力できるようになっている。
さらに、Database nameが一覧から選択できるようになっている。

MySQLサーバーで設定した情報に基づいて、適切な値を入力し、OKボタンをクリックすれば完了。


作成されたMySQLへの接続では、次の項目を確認できた。
・Tables
・Views
・Stored proceadures
・Stored Functions
・UDFs




(参考)
・ 21.2.3. Connector/Net Visual Studio Integration (脚注 2)
< http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/connector-net-visual-studio.html > 2013年07月24日

・Download Connector/Net (脚注 1)
< http://dev.mysql.com/downloads/connector/net/6.3.html#downloads > 2013年07月24日

・Introducing the MySQL Installer for Windows
< http://dev.mysql.com/tech-resources/articles/mysql-installer-for-windows.html > 2013年07月24日