(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2012年2月16日木曜日

【Linux CentOS6.2 64bit版】partedコマンドを使いGPT対応大容量ディスクにパーティションを追加する

2017年4月6日 補足追加

CentOS 6.2 64bit版を使って、MBRに代わるGPTに対応した大容量ディスクに、新しいパーティションを追加したときのメモ 
( ☆fdiskライクな「gdisk」コマンドを使った方法はこちらを参照 )


(注意) ここでは、GPTに対応したディスクを扱っていること

GPTに対応したディスクを操作しパーティションを作成するためには、専用コマンドである parted などを使う必要がある。

partedコマンドは、CentOS6.2をminimalでインストールした場合、yumを使ってインストールする必要がある。
http://akira-arets.blogspot.com/2012/02/minimal-centos62-initialize.html



0、コマンドの起動
[root@iscsi-target-01 ~]# parted
GNU Parted 2.1
/dev/sda を使用  ←デフォルトで選択されたデバイス
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
(parted)  ←コマンドを受け付ける状態になる


1、操作対象の物理ディスクを選択する
(parted) select
新しいデバイス?  [/dev/sda]?  ←正しければそのままエンターキーを押す
/dev/sda を使用
(parted)


2、上で選択したディスクの現在の状況を表示させる
(parted) unit MB ←表記をメガバイト単位に切り替えられる
(parted) print
モデル: LSI MR9260-8i (scsi)
ディスク /dev/sda: 3998615MB ←ディスクの大きさ(領域の限界を表している)・・・<END>
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt  ←GPTラベルがつけられたディスクであることを示す

番号  開始      終了      サイズ   ファイルシステム  名前  フラグ
 1    1.05MB    525MB     524MB    ext4                    boot
 2    525MB     84411MB   83886MB  ext4
 3    84411MB   109577MB  25166MB  ext4
 4    109577MB  123209MB  13631MB  ext4
 5    123209MB  135792MB  12583MB  ext4
 6    135792MB  142083MB  6291MB   ext4
 7    142083MB  145229MB  3146MB   linux-swap(v1)
 8    145229MB  147326MB  2097MB   ext4 ←既にある最後領域の限界を表している・・・<START>
(parted)


3、パーティションを作成する
(parted) mkpart
パーティションの名前?  []? iscsi-taget-data
ファイルシステムの種類?  [ext2]? ext4
開始? 147326 ←作成する領域の先頭位置(上記の<START>の値)を指定
終了? 3998615 ←作成する領域の後尾位置(上記の<END>の値)を指定 ←(注)ディスクの残り全部を確保する場合

警告: WARNING: the kernel failed to re-read the partition table on /dev/sda
(デバイスもしくはリソースがビジー状態です).  As a result, it may not reflect all of your changes
until after reboot.


4、確保した領域を確認する
(parted) print
モデル: LSI MR9260-8i (scsi)
ディスク /dev/sda: 3998615MB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始      終了       サイズ     ファイルシステム  名前              フラグ
 1    1.05MB    525MB      524MB      ext4                                boot
 2    525MB     84411MB    83886MB    ext4
 3    84411MB   109577MB   25166MB    ext4
 4    109577MB  123209MB   13631MB    ext4
 5    123209MB  135792MB   12583MB    ext4
 6    135792MB  142083MB   6291MB     ext4
 7    142083MB  145229MB   3146MB     linux-swap(v1)
 8    145229MB  147326MB   2097MB     ext4
 9    147326MB  3998615MB  3851289MB                    iscsi-taget-data
 ↑
作成したパーティションは3.8TBの大きさになる。番号からデバイス名はsda9になるだろうとわかる。
(parted)


5、パーティション作成後(3)で、警告が表示されていたので、システムを再起動した
(parted) quit
[root@iscsi-target-01 ~]# reboot


6、確保した領域は未フォーマット状態なので、ファイルシステムを作成する
時間がかかるので、リモートからの人はtmuxなどの仮想端末などで起動するべき。


〇フォーマット対象のパーティションのデバイス名を最終確認しておく。
[root@iscsi-target-01 ~]# cat /proc/partitions

〇フォーマットを行う。
(注意)間違えて別のパーティションを指定しないように!!何度も確認しよう。
[root@iscsi-target-01 ~]# mkfs -t ext4 /dev/sda9 ←作成したパーティションをext4でフォーマットする
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
235069440 inodes, 940255995 blocks
47012799 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
28695 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
        4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968,
        102400000, 214990848, 512000000, 550731776, 644972544

Writing inode tables:   4000/28695  ←進捗状況が示される
Writing inode tables:  4621/28695  ←それから60秒後(結構時間がかかる)
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 29 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[root@iscsi-target-01 ~]#

ext4ファイルシステム作成が完了した。


7、パーティションをシステム起動時に自動的にマウントする設定を行った

・今回作成したパーティションのuuidを調べた
[root@iscsi-target-01 ~]# blkid /dev/sda9
/dev/sda9: UUID="xxxxxxxx-yyyy-xxxx-xxxx-zzzzzzzzzzzz" TYPE="ext4"

・マウントポイントを作成した
[root@iscsi-target-01 ~]# mkdir /volume-01

・fstabを編集した
[root@iscsi-target-01 ~]# vi /etc/fstab
最後の行に追加した
 <略>
UUID=xxxxxxxx-yyyy-xxxx-xxxx-zzzzzzzzzzzz /volume-01              ext4    defaults        0 2

(説明)
 4列目「defaults」…mountコマンドのオプションの一つである。†1
 5列目「0」…dumpコマンドによってバックアップをとらない。†2
 6列目「2」…reboot時のfsckによるチェックの順番である。†2
(ただし、ルートファイルシステムは「1」で、それ以外は「2」にする必要があるらしい。vimで編集中、別の数値を指定すると赤でマークされた。)


・システムを再起動した
[root@iscsi-target-01 ~]# reboot

・マウントできたかどうかを確認した
[root@iscsi-target-01 ~]# mount
<略>
/dev/sda9 on /volume-01 type ext4 (rw)
<略>

【Amazon.co.jp限定】TOSHIBA HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB Enterprise Cloud HDD MC04ACA400/AFP SATA3.0 1年保証

新品価格
¥15,272から
(2018/3/19 23:23時点)


<参考>
(1) fstab
< https://wiki.archlinux.org/index.php/fstab > 2017年4月6日

(2) What does the last two fields in fstab mean?
< http://askubuntu.com/questions/9939/what-does-the-last-two-fields-in-fstab-mean > 2017年4月6日