(無償) logo
世界中で使われるISO標準オフィスソフト(MSオフィス互換)

★LibreOfficeの導入事例★
詳細について

2015年6月3日水曜日

【Firefox 64bit 38.0.1】Firefoxメニューが英語で表示されるようになったので日本語に切り替えた【Linux CentOS 6.6 64bit(gnome)】

このページの方法で日本語化ができない場合、次のリンク先の方法で日本語できた。
これはThunderbirdの設定方法であるが、Firefoxでもやり方はほとんど同じである。
http://akira-arets.blogspot.com/2016/10/thunderbird-language-setto-japanese.html



CentOS 6.6 64bitのgnome環境を、VNC SERVERを用いて利用している。
このgnome環境でブラウザFirefox(38.0.1)を使用していた。
gnome、Firefox共に日本語で表示されていた。

ところがあるときから、急にFirefoxでメニューなどが英語表記されるようになってしまった。
それまで日本語表示できていたから、必要な追加パッケージが導入されていないわけではない。


次のようにFirefoxを設定するだけで、きちんと日本語表示に復帰させることができた。



▲Firefoxで日本語環境に復帰させる手順▲

(1) Firefoxのアドレスバーに、次の値を入力してエンターキーを押す。
about:config
動作保証ができませんので、細心の注意を払って編集するようにとの警告が表示された。
さらに進むと、設定を変更するツールが開かれた。

以下は、このツールでの操作である。


(2) 次の項目を検索ボックスに入力して、項目と値を表示させた。
intl.locale.matchOS
次の情報が表示された。この値がfalseになっていることを確認した。
intl.locale.matchOS   false
(もし、項目の値がtrueになっている場合は、ダブルクリックをしてfalseに設定する。)



(3) 次の項目を検索ボックスに入力し、項目と値を表示させた。
general.useragent.locale
下のリストに、次の情報が表示された。
(ここでFirefoxが英語環境になっていることがわかった。)

general.useragent.locale   en-US

表示された項目をダブルクリックして、値の編集ウインドウを開き、次の値を入力した。
(これによって、日本語環境に切り替えた。)
ja

(4) Firefoxを閉じて、数秒おいてから、Firefoxを再び起動した。

すると、日本語環境に戻った。

新品価格
¥0から
(2018/5/16 15:23時点)

新品価格
¥2,052から
(2018/5/19 14:45時点)


<参考>
Can we change the interface language of Firefox?
< https://support.mozilla.org/ja/questions/1018686 > 2015年6月3日